--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AurigaDBいろいろ変換ツール

2012.05.28 *Mon*
AuDBConv.jpg
DBConv.zip

Aurigaのitem_db.txtをいろいろな方法で一括処理するツールです。

必要に感じた時に随時追加していってこうなったので(たぶんまだ増えます)
多少被ってるものもありますが、
こんなのでも、助かるって人がいれば嬉しいので置いておきます。

■処理一覧(それぞれ別々に実行)
・英語名修正・・・・・・eAthenaのitem_db.txtから英語名を補完
・公式名に修正・・・・・idnum2itemdisplaynametable.txtの名称に修正
・蔵側名称修正・・・・・↑の逆。item_db.txtでidnum2itemdisplaynametable.txtを修正
・名称定義ファイル作成・・・item_db.txtからidnum2itemdisplaynametable.txtを生成する。
・スロット数修正・・・・スロット数をitemslotcounttable.txtの内容で修正。
・英語名変更・・・・・・item_db.txtAとBで、Aの英語名がUnknownItemならBの内容で置き換える。
・ItemType修正・・・・・Type値を範囲で一括変更する。
・ItemType修正2 ・・・・装備品のType値をLocやRangeから判断し一括修正する。
・差分追記・・・・・・・item_db.txtAとBで、Aの項目内容が""の場合に、Bの内容で置き換える。
・View値修正・・・・・・アイテムリソース定義からview値を取得して補完します。頭装備のみ。
・公式差分追加・・・・・item_db.txtに公式txtファイルから差分アイテムを追加します。

関連記事

COMMENT

更新しました。
リソース定義からView値を推定してセットする処理を追加しました。
item2name&item2descからアイテムの重量や系列、装備可能職業などの値を抽出して新規追加する処理を追加しました。
2012/05/30(水) 22:27:20 | URL | みのり #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Author:みのり

すごく面倒臭がりで大雑把です。
なので、すぐ楽をしようとして
ツールを作り始めます。
ツールを作る時間と手作業で費やす時間
はたしてどちらが短いのか……


-構築環境-

Auriga0945 MySQL 5.5
with 2011-12-20bRagexeRE

3CeAM rev525
with 2010-07-30aRagexeRE



カテゴリ

未分類 (9)
RagexeRE (9)
eAthena (1)
Auriga (5)
ツール:eAthena用 (4)
ツール:Auriga用 (6)
ツール:その他 (14)
はじめてのAurigaスクリプト (8)
はじめてのAurigaスクリプト基本編 (21)
はじめてのAurigaスクリプト応用編 (7)
Aurigaスクリプト (3)
本鯖 (7)
Aurigaスクリプト:冒険者アカデミー (6)
ドラクエ10 (2)
新生FF14 (3)
EVE Online (2)



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © Rocco di Forte All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。