--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのAurigaスクリプト 基本編(4)

2010.11.20 *Sat*

//-----------------------------------
// 分岐させる処理を書いてみる その2
//-----------------------------------


prontera.gat,85,150,4 script 分岐させるよ 105,{

mes "はいですか?";
mes "いいえですか?";

next;

if (select("はい:いいえ") == 1) {
mes "はいですね!";
} else {
mes "いいえですね!";
}
close;

}


/*---------------------------------
解説:

select関数

select(<コロンで区切った選択文字列>);
または
select(<文字列1>, <文字列2>, <文字列3>・・・);

この関数は選択された項目の番号を1、2、3のように返します。

値は set関数で変数に入れるか、または式として使います。

変数については次回書きます。

---------------------

if else 構文

if ( <式> ) 処理1

else 処理2

もしも <式>が「真」ならば、処理1を実行します。
式が「偽」ならば、処理2を実行します。

「真」というのは、その式の答えが正しいことを表し、
「偽」は正しくないことを表します。

式は以下のような記号であらわします。

値A == 値B 値Aと値Bは同じである
値A != 値B 値Aと値Bは異なっている
値A > 値B 値Aは値Bより大きい
値A < 値B 値Aは値Bより小さい
値A >= 値B 値Aは値B以上である
値A <= 値B 値Aは値B以下である

*/
関連記事

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Author:みのり

すごく面倒臭がりで大雑把です。
なので、すぐ楽をしようとして
ツールを作り始めます。
ツールを作る時間と手作業で費やす時間
はたしてどちらが短いのか……


-構築環境-

Auriga0945 MySQL 5.5
with 2011-12-20bRagexeRE

3CeAM rev525
with 2010-07-30aRagexeRE



カテゴリ

未分類 (9)
RagexeRE (9)
eAthena (1)
Auriga (5)
ツール:eAthena用 (4)
ツール:Auriga用 (6)
ツール:その他 (14)
はじめてのAurigaスクリプト (8)
はじめてのAurigaスクリプト基本編 (21)
はじめてのAurigaスクリプト応用編 (7)
Aurigaスクリプト (3)
本鯖 (7)
Aurigaスクリプト:冒険者アカデミー (6)
ドラクエ10 (2)
新生FF14 (3)
EVE Online (2)



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © Rocco di Forte All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。