This Category : ツール:Auriga用

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AurigaDBいろいろ変換ツール

2012.05.28 *Mon*
AuDBConv.jpg
DBConv.zip

Aurigaのitem_db.txtをいろいろな方法で一括処理するツールです。

必要に感じた時に随時追加していってこうなったので(たぶんまだ増えます)
多少被ってるものもありますが、
こんなのでも、助かるって人がいれば嬉しいので置いておきます。

■処理一覧(それぞれ別々に実行)
・英語名修正・・・・・・eAthenaのitem_db.txtから英語名を補完
・公式名に修正・・・・・idnum2itemdisplaynametable.txtの名称に修正
・蔵側名称修正・・・・・↑の逆。item_db.txtでidnum2itemdisplaynametable.txtを修正
・名称定義ファイル作成・・・item_db.txtからidnum2itemdisplaynametable.txtを生成する。
・スロット数修正・・・・スロット数をitemslotcounttable.txtの内容で修正。
・英語名変更・・・・・・item_db.txtAとBで、Aの英語名がUnknownItemならBの内容で置き換える。
・ItemType修正・・・・・Type値を範囲で一括変更する。
・ItemType修正2 ・・・・装備品のType値をLocやRangeから判断し一括修正する。
・差分追記・・・・・・・item_db.txtAとBで、Aの項目内容が""の場合に、Bの内容で置き換える。
・View値修正・・・・・・アイテムリソース定義からview値を取得して補完します。頭装備のみ。
・公式差分追加・・・・・item_db.txtに公式txtファイルから差分アイテムを追加します。

スポンサーサイト

悪魔の道具(ツール)根こそぎ君ファイナル!

2012.04.25 *Wed*
nekosogi.jpg

NEKOSOGI.zip

いまこそ GMのちからが どれほど おそろしいか みせてやろう!!!

スーパーファイナルファナティックカオスイリュージョンパワーBAN!!

きみも この つーる があれば こわいもの なし だ!!

わるい やつらを ねだやしに するのだ!!!


Aurigaセーブデータビューワ

2011.12.12 *Mon*
AurigaのTXTモードのキャラクタセーブデータを閲覧するツール。

昔作ったもので、かなりやっつけで低機能です。
持ち物検索ぐらいにしか役に立ちません。

倉庫とギルド倉庫を両方閲覧できるツールも同梱しました。

あのバージョンのAurigaに対応してないよ!とかのリクエストがあればメッセージ下さい。

2012/03/04 rev912のmmo.h、mmo_char_fromstrを使ってリビルドしました。
2012/05/14 rev961のmmo.h、mmo_char_fromstrを使ってリビルドしました。class.txt、skill.txt更新

savedataview.jpg storageview.png


savedataview.zip

サーバーステータス表示用CGI

2011.05.18 *Wed*
Aurigaのladminプロトコルを利用して
サーバーステータスをHTMLに埋め込む為のJavaScript型CGIです。
PINGを使用しないので動作が軽く高速です。

2012/03/14 IE9でハッシュキー"new"の使用がエラーとなっていた為、"New"に修正。

serverstat.jpg

serverstat.zip

■動作条件
Webサーバーがあり、CGIが使えることが条件です。
レンタルサーバの場合、IO::Socketモジュールが使えれば動作します。

パスワード暗号化タイプを使用している場合、
Digest::MD5モジュールも必要になります。

■CGIの設定
以下の設定をlogin_auriga.confの設定に合わせます。
# ------------------------------------------------------------------------------
# 設定

my($loginserverip)="127.0.0.1"; # ログイン鯖のIP
my($loginserverport)=6900; # ログイン鯖のポート
my($loginserveradminpassword)="admin"; # ログイン鯖の管理者パスワード
my($connecttimeout)=10; # 接続タイムアウト(秒)
my($passenc)=0; # パスワード暗号化タイプ

# ------------------------------------------------------------------------------

CGIのパーミッションについては 755 など、サーバーの設定に合わせてください。

■HTMLへの埋め込み

HTMLの<HEAD>~</HEAD>タグの中に以下のようにCGIのURLを埋め込みます。
<script type="text/javascript" src="http://localhost/cgi-bin/serverstat.cgi"></script>

ページの表示が完了すると、リクエストの結果が自動的に
Javascriptの変数としてセットされます。

セットされたリクエスト結果は、Javascriptで読み取ることができます。

サンプルのHTMLファイルを参考に、ホームページに記述してみてください。

■リクエスト結果のJavascriptの変数について
message = 'OK';					リクエストの実行結果メッセージ
 エラーの場合、先頭3文字が'ERR'となり、そのあとにメッセージが書かれます。
server['Login']['status'] = 'OK';		Loginサーバの状態
 初期値はUnknown、接続出来ない場合、Downとなります。
server['Char'][0]['status'] = 'OK';		Charサーバの状態
 初期値はUnknown、接続出来ない場合、Downとなります。
server['Char'][0]['name'] = 'Server1';		ワールド名
server['Char'][0]['maintenance'] = 0; メンテナンス状態(0:OFF, 1:ON)
server['Char'][0]['New'] = 0; "new!"と表示されている場合に 1
server['Char'][0]['Map']['status'] = 'OK'; Mapサーバの状態
 初期値はUnknownとなります。
server['Char'][0]['Map']['users'] = 1;		ログイン中のユーザ数

ワールドが複数ある場合以下のように
2つ目以降のサーバの状態が入っています。
server['Char'][1]['status'] = 'OK';
server['Char'][1]['name'] = 'Server2';
server['Char'][1]['maintenance'] = 1;
server['Char'][1]['New'] = 0;
server['Char'][1]['Map']['status'] = 'Unknown';
server['Char'][1]['Map']['users'] = 0;


ワールドの数を取得するには、server['Char'].length を使用してください。


tool/cgi/serverstatus.cgiではPingを使用していますが
こちらはladminプロトコルを使用していますので
実際はログインサーバにしか接続していませんので注意。

Aurigaアカウントcgi

2011.02.24 *Thu*
Aurigaにはデフォルトで入ってると書いていたのですが、
よく聞かれるので書いておきます。

プロフィール

Author:みのり

すごく面倒臭がりで大雑把です。
なので、すぐ楽をしようとして
ツールを作り始めます。
ツールを作る時間と手作業で費やす時間
はたしてどちらが短いのか……


-構築環境-

Auriga0945 MySQL 5.5
with 2011-12-20bRagexeRE

3CeAM rev525
with 2010-07-30aRagexeRE



カテゴリ

未分類 (9)
RagexeRE (9)
eAthena (1)
Auriga (5)
ツール:eAthena用 (4)
ツール:Auriga用 (6)
ツール:その他 (14)
はじめてのAurigaスクリプト (8)
はじめてのAurigaスクリプト基本編 (21)
はじめてのAurigaスクリプト応用編 (7)
Aurigaスクリプト (3)
本鯖 (7)
Aurigaスクリプト:冒険者アカデミー (6)
ドラクエ10 (2)
新生FF14 (3)
EVE Online (2)



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © Rocco di Forte All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。